■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<< 前月 2007年01月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 
 

発掘あるある大事典Ⅱデータ捏造事件
 件名の番組は私の大好きなもので、HDDレコーダーに録画し毎週見ていた。重要と思える内容があったときには、このブログでもご紹介させていただいたこともあった。
 その番組が、データの解釈の相違等で片付けられない、完全なデータ捏造(ねつぞう)を作為的に行っていたのだ。この番組はなかなか影響力があり、ここで取り上げられた健康食材など、しばしばスーパーの店頭から姿をけすことが多かった。それほど見ている方が多く、影響力も大きかったのだろう。ただ、このような健康系、科学系の番組においてはこのような捏造は許されない。それもTVというマス・メディアにおいては許されないことである。
 以前、韓国のファン教授という方が世界で初めてヒトクローン胚から胚性幹細胞(ES細胞)を作るなど、画期的な成果を上げたことで世界的に注目を集めたが、捏造であることがわかったという事件があった。医学、科学の研究分野でもこのようなことがあったわけだし、過去においても他にもあったことであろうし、また未来においても完全になくなりはしないのかもしれない。学会発表されているものであっても意図的に捏造されたものが混ざっている可能性がある。いろいろなものを冷静な目で見つめて、取捨選択していかなくてはならない。
 私もこのブログ上で意見を披露していく。データの捏造などは言語道断、記事を読んでいただく方々のためになるように、いろいろな部外の意見を入れる時も、しっかり考察の上運営して行こうと気合を入れなおしました。
 

| 院長日記 | 01:56 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑