■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<< 前月 2018年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

乳幼児の歯ブラシ,任せっきりにしているのは危険です。
保護者の方はくれぐれも不安定なところで乳幼児に歯ブラシを任せないでください。
お祭りの綿あめを食べながら歩いていて,転んでのどに突き刺さり,残念ながら死亡されたケースもあります。
お気をつけ下さい。

乳幼児が歯磨き中に歯ブラシをくわえたまま転倒し、口を負傷する事故が相次いでいるとして、消費者庁と
国民生活センターは28日、「歯磨き中は、保護者がそばに付き添って」などと注意喚起した。

同庁などが全国13の医療機関から事故情報を集めている「医療機関ネットワーク」には、乳幼児の歯磨き
中の事故の報告が2010年から今年1月末までに49件寄せられている。歯磨きしながら歩いていて転んだり、
踏み台から落ちたりして、口の中にけがを負ったというケースで、ブラシの先端が頬やのどに突き刺さるなどして、
手術や入院を要した例もあった。年齢別では、1歳児が最も多く、23件を占めた。

同庁などが2月、0~3歳児がいる保護者1200人を対象に行ったインターネット調査では、こうした事故が
起きていることを知っていた人は約30%にとどまった。


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130328-OYT1T00543.htm



| 小児歯科 | 04:50 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.ono-dental.com/blog/blognplus/tb.php/716
PAGE TOP ↑